ドイツ生まれの、最先端の技術と高いデザイン性のプロダクトを生み続けるアディダスの秘訣(!?)

先週、ドイツ本社に『 Highsnobiety 』が招待され、建物の写真を公開されたのを機にoki-niでも少しご紹介。その写真と一緒に、最先端の技術と高いデザイン性のプロダクトを生み続けるアディダスの秘訣について探っていきたいと思います。

 

Adidas の本社はドイツの Bavaria 州のの Herzogenaurach 市にありますが、交通の便がいい都心にあるというわけではないそうです。その場所が選ばれている理由は、 Adidas の設立者である ’ Adi Dassler  ’ の住まいが近くにあるのからだそうです。( 笑 )

 

実際の建物を見てみると、ガラスを全体に使用し、グレーを基調としたミニマルデザインが特徴の建物。この建物のリフォームを手掛けたのは、ドイツの建築会社『 firm Kadawittfeldarchitektur 』。世界に知られるカッティングエッジなスポーツブランドとして相応しいコンテンポラリー建築の仕上りです。

 

f:id:hynm_fountain:20150415202147j:plain

f:id:hynm_fountain:20150415202149j:plain

f:id:hynm_fountain:20150415202151j:plain

f:id:hynm_fountain:20150415202156j:plain

 

この建物にはフィットネスセンター、バスケットコートやクライミングウォールまでオールラウンドのスポーツ設備が整ってるそうです。この設備を見ると、ここで働いているデザイナーや研究者が最高の設備の中で世界に誇るハイテクノロジーのプロダクトを次々と生み出しているが想像できます。世界の人をうならせる物を作り出すにはそれに匹敵する環境も必要なのかもしれません。

 

f:id:hynm_fountain:20150415202224j:plain

今回紹介したアディダスの商品は oki-ni でも取り扱っています。人気のスーパーカラーや、限定コラボレーションシリーズは こちら からご覧頂けます。