今回はスコットランド出身のバンド ’ Django Django. ’ から宇宙飛行からインスパイアされたからのミックス、 ’ SPACEPICNIC ’ をお届け。

 

今回はスコットランド出身のバンド、’ Django Django. ’ から宇宙飛行からインスパイアされたからのミックス、 ’ SPACEPICNIC  ’ をお届け。

 

5月4日にレコード ’ Born Under Saturn ’が発売を控え、2週間後に’ Field Day ’ フェスティバルの出演が決定し多忙なスケジュールを送っているにも関わらす oki-ni の為に今回のミックスを制作してくれました。

 

だいぶ暖かい季節になり、ピクニックを計画している方もいらっしゃると思いますが、(唐突な質問ですが)  宇宙でのピクニックって想像した事ありますが? 今回ご紹介するミックスを制作してくれた、’ Django Django ’ は宇宙飛行からインスピレーションを得てリミックス曲を制作。

 

「 1965 年に’ Gemini 3 ’ 宇宙飛行計画が行われてる最中に、’ John Young  ’ がを無重力の空中の中にビーフサンドイッチを放っている映像を見た時、とても衝撃的で僕も宇宙でピクニックをしてみたい!って思ったんだ。 その思いがこのミックスに込められてるんだよ。」

 

ミックス全体にサイケデリックロック/ジャズ/ファンクのテンポが落とし込まれたでフューチャリスティックな仕上がり。彼らが語ってくれた通り、アルバムの出だしは宇宙が広がっていく様な感覚に落ち入ります。


Django Django. ’ について詳しくは FacebookSoundcloud をフォロー。’ Field Day ’ フェスティバルについては こちら から【Daily】でご紹介。

 

TRACKLIST

Michael Garrick and Shake Keane - Rising Star

Tom Dissevelt - Syncopation

Rolling Stones - 2000 Light Years Years From Home

Joe Meek - I Hear a New World

Can - Moonshake

The Beatles - Flying

Cosmos No 1 - Baby Moon

Space - Magic Fly

Subway - Lowlife

Egyptrixx - Liberation Front

Sub Version - Free to Funk

Moondog - Lament 1 ‘Bird’s Lament'’

 

SPACEPICNIC by Django Django by Oki-Ni on Mixcloud

 



日本への送料無料のUKセレクトショップ oki-ni