スクリーンの故障をやエラーを ’美’ にトランスフォームさせる Phillip Stearns のアート作品をご紹介。

日常で使われている、携帯、テレビ、パソコンなど、どこを見回しても私たちの身近にある ’ デジタル ’器具。今回はそんな ’ デジタル ’ な世界からインスピレーションを得た Phillip Stearns のアート作品をご紹介。Phillip Stearns はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しているアーティスト。彼の表現技法はモダンアートのジャンル、デジタルアート中のでも更に細かく枝分けされたジャンル、  ' glitch art ' ( グリッチ・アート ) 。グリッチ・アートはとは、デジタル上で起こる、コードやデータの崩れ生じるエラーのを使って表現するアート。

 

彼の作品を見てみると、コンピューターの故障の時に見るようなパソコンのスクリーンのエラー画像をモチーフにスカルプチャーや、テキスタイル、インスタレーションと、様々な技法・素材を使ってアート作品にトランスフォームさせています。

 

アートプロジェクトの一つには、デジタルアートの中ではユニークなテキスタイルの素材を使った ’ Glitch Textiles ’ が彼のウェブサイトにも紹介されていますが、抽象画とモダンアートを混ぜ合わせたような繊細なタッチで仕上げられいます。通常故障やエラーは厄介で目を背けたくなるものですが、彼は偶然起きたエラーに ’美’ を感じ、アートの作品として美しく変身させています。

 

Phillip Stearns について詳しくは Tumblrウェブサイトにてご覧頂けます。

彼のアート作品は下の写真からご覧下さい。

 

f:id:hynm_fountain:20150617193742j:plainf:id:hynm_fountain:20150619190319j:plain

Glitch Textiles

f:id:hynm_fountain:20140828045541j:plain

A Consequence of Infinitively Recursive Vision Technologies 

f:id:hynm_fountain:20150619190002p:plain

Year of the Glitch

f:id:hynm_fountain:20150619190213p:plain

A Year In Code

f:id:hynm_fountain:20150619190358j:plain

A Year In Code

f:id:hynm_fountain:20150619190408j:plain

Year of the Glitch

f:id:hynm_fountain:20141212054815j:plain

A Chandelier For One of Many Possible Ends

f:id:hynm_fountain:20150619190512p:plain

Analog HD Synthesis and Video Processing 

【 日本への送料無料 】 正規通販のUKセレクトショップ oki-ni